お悩み別案内

日光角化症

日光角化症は、紫外線でできる皮膚がんのひとつです。顔や手などの紫外線によく当たるところにできます。

皮膚の表面がカサカサして赤くなり、かさぶたができるようになります。この状態が日光角化症です。日光角化症は、皮膚の浅いところ(表皮)にとどまっている初期の皮膚がんです。その状態では転移の心配などはありませんが、無治療で放置していると次第に盛り上がり、深いところにも拡大していきます。

普通の湿疹や、しみと区別がつきにくいため、心配な病変があれば、必ず皮膚科医にご相談ください。

治療

切除あるいは塗り薬

日頃から紫外線ケアを行っておくことが、数十年後の皮膚がんの発生を防ぐことにもつながります。

ご予約はこちら