お悩み別案内

首イボ(アクロコルドン、スキンタッグ)

首イボ(アクロコルドン、スキンタッグ)について

首からデコルテにできる小さなブツブツは、アクロコルドンやスキンタッグ、軟性線維腫というものです。顔、胸、おなか、脇の下にできる人もいます。

首イボの原因

沢山できますが、ウイルス性のイボではなく、うつることはありません。

紫外線や摩擦による刺激も原因の一つと言われています。

治療について

見た目が気になる部分ですし、ネックレスが引っかかるなど煩わしいので、治療を希望される方が多いです。液体窒素やハサミによる切除、焼灼などの方法があります。

保険対象麻酔色素沈着回数デメリット
液体窒素ありすべてなし1〜2色素沈着
ハサミなしつまめるものなし少し痛みがある
デルマトロンなしすべてなし1〜2少し痛みがある
ラジオ波メスなしすべて塗る・貼る麻酔麻酔が必要

液体窒素

保険適応の治療法のため、一般に広く行われています。細い綿棒やピンセット、スプレーで液体窒素をイボに当てていきます。直後は少し赤みが出ます、その後黒っぽいカサブタになり、1週間程度でほぼ取れます。1~2回程度の治療で取れることが多いですが、イボ周囲の正常皮膚にも炎症が波及し、元のイボよりも少し大きい色素沈着が数年残ることがあります。

ハサミで切り取る

盛り上がっているもの、ピンセットでつまめるイボが対象です。茎が太いものはできません。

やや怖く感じるかもしれませんが、痛みは一瞬で、小さいイボは、ハサミで切ってもほとんど出血しません。

デルマトロン

中周波という微弱な電流を用いて皮膚表面を薄く焼き削ります。液体窒素に比較して色素沈着を生じにくいのが大きなメリットです。

施術時にはピリッピリッとした電気が走ったような痛みがあります。麻酔がいらない程度の痛みです。施術後は、少し赤くなることがあります。かさぶたになり、1~2週間ではがれます。
心臓のペースメーカーを装着されている方、妊娠中の方は治療ができません。

サージトロン

表面麻酔を行って、ラジオ波メスで焼灼します。

ご予約はこちら